婚約指輪はやはりソリティアが人気

人生最高の日となるプロポーズ、女性はこの日を心待ちにしています。

愛する人からもらった婚約指輪は一生の宝物となります。

キラキラ輝く立て爪リングはやっぱり婚約指輪の大人気、憧れのデザインです。

婚約指輪というと、ダイヤモンドの存在感を強く感じる、「ソリティア」立て爪です。

フランス語でソリテール、単独という意味があります。

婚約の記念に贈られる指輪ですから、この単独、という意味がぴったりです。

唯一無二の愛を送る、そんな意味に感じられるソリティアは、婚約指輪のデザインとして代表的、なおかつ人気のデザインです。

4本や6本の爪で支えられているダイヤモンド、しっかりダイヤが主張しているので、非常にゴージャスでパッと目を引くデザインです。

正当派なダイヤモンドのリングは、お祝いのお席、フォーマルなお席にぴったりです。

立て爪のリングを見ると、婚約されたのかな?というのが即わかります。

最近は、このソリティアデザインの婚約指輪と結婚指輪をあわせてセットで利用できるように作る方も多く、結婚指輪はシンプルで小さなメレダイヤが一連に並べられたもので、二つ合わせるとかなりゴージャスなイメージになります。

結婚式へのお呼ばれやパーティーへの出席にはジュエリーを付けていくことになりますが、そんな時にも、立て爪の婚約指輪は役立ちます。

なかなかはめていく機会がない・・・といわれている婚約指輪ですが、お子さんがいれば保育園の入園式や卒園式、またお子さんのピアノの発表会などもオススメです。

※人気の婚約指輪についてはこちらもCheck⇒人気の結婚指輪・婚約指輪ランキング